FC2ブログ

プロフィール

macpapa

Author:macpapa
埼玉県在住、亡き妻の残した3人の子供と祖母と暮らす5?歳。
力及ばず妻を守り抜くことができませんでしたが、亡き妻との約束「子供達を一人前に育てること」を守るために日々奮闘してます。
座右の銘は「日々是感謝」・・・何事にも感謝の心を持ちつつ、仕事、子育て、自分探しの旅を続けています。
※当ブログは、完全な個人的主観によって書かれており、いずれの団体とも関係ありません。また、ページ内に企業等の広告やスポンサーサイトの宣伝などが表示されることがありますが、これは当方の意図するものではありません。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


朝晩、冷え込んできましたね。風邪などひいておられませんか?

昨日、妻と長男坊と三人で思い切って家の中を片付けました。

思い出が染み付いて、捨てるのが辛いものもありましたが、思い切って処分しました。

片付け終わると、がらっと部屋の雰囲気が変わり、なんだか少し心が軽くなった気がしました。

冷静になった妻に、思い切ってマックはきちんと行くべきところに行けた?と聞いてみました。

すると、「明るくて、他の仲間がたくさんいる所にいるよ。マックは最初、おそるおそるだったけど、すぐに仲間達と一緒になって飛び跳ねて遊んでるよ。」とのことでした。

昔から動物を飼う人の間に「虹の橋」という、動物の魂が集まる場所があるという言い伝えを聞いたことがありましたので、おそらくマックもそこに行ったのでしょう。

妻の言葉を聞いて、安心することができました。

きちんと行くべき所に行ければ、またいつか逢えますからね。

日々の生活という戦いの中では、今回のこともいつかは忘れてしまうことなのかもしれません。

妻にも負担をかけてしまいました。もちろん子供たちにも・・・。

少しづつ、ゆっくりと家族で歩いていきたいと思います。

更新へのパワーをポチっと!ブログランキングに参加しています。




コメント

Re: No.70 少しづつ・・・

まっくパパさん へ
まっく君は…虹の橋で仲間と遊んでいるのね。
よかった!
いつか、あの場所で再会できます。
まっく君がしっぽ振りながら、迎えてくれます。
その日まで…
私たちは今居る場所で、生きてゆこうね。
ママさんが、お散歩で思いっきり泣けて
良かった。。。
パパさんは大丈夫?パパさんも泣いていいよ。
2006-11-14 09:33 | JUN母 #No3yXvXc URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://happylovelife777.blog58.fc2.com/tb.php/77-5c5c5f5e

 | ホーム |