プロフィール

macpapa

Author:macpapa
埼玉県在住、亡き妻の残した3人の子供と祖母と暮らす5?歳。
力及ばず妻を守り抜くことができませんでしたが、亡き妻との約束「子供達を一人前に育てること」を守るために日々奮闘してます。
座右の銘は「日々是感謝」・・・何事にも感謝の心を持ちつつ、仕事、子育て、自分探しの旅を続けています。
※当ブログは、完全な個人的主観によって書かれており、いずれの団体とも関係ありません。また、ページ内に企業等の広告やスポンサーサイトの宣伝などが表示されることがありますが、これは当方の意図するものではありません。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ようやく台風が過ぎましたが…被害などありませんでしたでしょうか?


ひとつきほど前に、就職先の教育機関を卒業した次男坊…入ってすぐに辞めたいと言い出し、何とか卒業してくれてほっとしていたのですが…卒業先でまたまた…辞めたいと言ってきまして…、話を聞くから家に帰って来いと呼んだところ…今度はかなり深刻な状況でしたョ。


上司や先輩にも話し、休みの日には住むアパートとかも探しに回ってるとかで…かなり重症でした。


辞めてどうしたいのと聞くと、大学に行きたい、教師になりたいのだと…。


先立つもののことは考えてる?と聞くと、働きながら自分で何とかするからなどと言うのですが、具体的に突っ込んで聞くとまるで現実的ではないことだらけで…、早晩泣きついてくるのは確実だなと。


頑張れ頑張れと無理させて、追い詰めることになるのは女房も悲しむと思うので…夢の実現には最低限このくらいは貯めてからじゃないと不可能だぞと教えまして、メシ食わせて、とりあえず帰しましたョ。


しかし、3人の子の中では次男坊が一番辛抱強いと思っていたので…意外というか、がっかりというか、私もショックが大きいです。


迷った時にはお母さんの本を読みなさい、あの中には子供に遺す遺言が書いてあるって言っていたぞと伝えておきました。


最終的な結論はまだ出ていないようですが、できることがあればバックアップしてあげたいと思います。




夏休みの予定は決まりましたか?


それではまた。

コメント

(メ・ん・)?

難しい問題ですね。
教師は、教員免許を取得したが就職できずに待機させられている若者が
大勢いると聞いたことがあります。
私の友人の子供は京大をでて 教員の募集がなく結局大学院へ行きました・・・

今のところが どんなところかわかりませんが
仕事はお金もそうですが、人としての成長も報酬の一つ。

お給料は、ご褒美料だと思うと仕事が上手くなくなったら
不満がでますが
我慢料だと思うと・・・
と何かで聞いたことがあります。

娘の学校は結構 皆さん 准看護師で働き
お金を貯めてから
正看護師になるために来ている人が多いので
どんな苦しいことがあっても、乗り越えられていってます。。。
(昨日は担当の患者さんが亡くなり、すごくショックを受けてますが)

それを見ながら、うちの娘たち18才組といわれてますが
勉強になるようです。。。

結論がでないコメントでごめんなさい。

ただ、やはり続けて欲しいな~
2011-07-22 23:39 | りんちゃんまま #tqwFiJYk URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://happylovelife777.blog58.fc2.com/tb.php/504-a9132fb7

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。