プロフィール

macpapa

Author:macpapa
埼玉県在住、亡き妻の残した3人の子供と祖母と暮らす5?歳。
力及ばず妻を守り抜くことができませんでしたが、亡き妻との約束「子供達を一人前に育てること」を守るために日々奮闘してます。
座右の銘は「日々是感謝」・・・何事にも感謝の心を持ちつつ、仕事、子育て、自分探しの旅を続けています。
※当ブログは、完全な個人的主観によって書かれており、いずれの団体とも関係ありません。また、ページ内に企業等の広告やスポンサーサイトの宣伝などが表示されることがありますが、これは当方の意図するものではありません。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりに2日連続の更新です


18日の仕事帰りに大型書店に寄ったのですが、レジ横に本日発売と書かれたPOPが貼られて『おくりびと』のDVDが販売されていました。


時間があれば映画館で見たいなと思っていたところだったので・・・迷わずgetしましたよ。


『おくりびと』は、もうご存知でしょうけど、アカデミー賞外国語映画賞を含め、各種映画賞を総なめにした邦画ですが・・・内容が内容だけに、のことと重なって、映画館では最後まで見れないかもと思っていたので・・・自宅でなら何とかなるかなと・・・。


見始めると・・・冒頭のシーンがなんだかコメディ?っという出だしだったのですが、徐々に引き込まれていきまして・・・結局最後まで一気に見てしまいました。


おかげで今日は寝不足気味です(-_ゞゴシゴシ。


まあ本音を言うと、遺体はもっと硬直しているだとか、ドライアイスで囲まれているんだとか・・・色々とツッコミどころはあるのですが・・・あくまで映画ですからね。


それよりもなによも・・・主人公の本木雅弘さんの、納棺師としての所作振る舞いがお見事で、演技を越えた神々しさまで感じられまして・・・それだけでもお金を払って買った価値があったと思いましたよ。


☆☆☆


見終わって改めてDVDのパッケージを見ると『人は誰でもいつか、おくりびと、おくられびと』と書かれていまして・・・自分はきちんと、をおくることができたのだろうか、自分は誰におくってもらえるんだろうかなどと・・・色々と考えてしまいました。


考えても仕方ないといえばそれまでですが・・・それでもせめて・・・旅立つ時には・・・誰かに別れを惜しんでもらえるような人生にしたいなと・・・。


皆さんのおくりびとは・・・果たして誰に・・・?。


それではまた。

コメント

真実の言葉

真実の言葉にダラダラ説明は無用ですよネ

「人はいつかはオクリ人、オクラレ人」

所ジョージさんが、ずっと前にテレビで
コメントしていたんです。

「忘れないけど、気にしない」
信念と真心の「その人独自の形」

本当の言葉って、説明は要らないんですネ
(^ ^)
2009-03-20 16:27 | 小平河童 #- URL編集 ]

こんにちは!

今日もあったかいですね。
パパさん同様、私も週末は仕事です。

おくりびとのDVDが出たんですね。
私は見に行きたいと思いつつ、
中々行けない。
一時は行列が半端じゃなく長いよなんて聞いていて、
おちついたら見ようと思っているうちに。
もう劇場公開終わったのかな。

そういう映画を見ると、
やっぱりいろいろ考えちゃうんでしょうね。
私は、自分のお葬式は残された人に任せるつもりです。
主役?の私はもう死んでるわけで、
お葬式というとのは、
残された家族が対世間的にやる儀式だと思っているから。
とりあえず、無事にお墓に入れてもらえれば、いいんです。

パパさんは、立派な子供さんたちがいるんだから、
心配は無用でしょう。
そんな心配より、今を生きることを考えましょ(^^)
2009-03-21 15:09 | ばなな #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://happylovelife777.blog58.fc2.com/tb.php/365-1ddf4968

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。