FC2ブログ

プロフィール

macpapa

Author:macpapa
埼玉県在住、亡き妻の残した3人の子供と祖母と暮らす5?歳。
力及ばず妻を守り抜くことができませんでしたが、亡き妻との約束「子供達を一人前に育てること」を守るために日々奮闘してます。
座右の銘は「日々是感謝」・・・何事にも感謝の心を持ちつつ、仕事、子育て、自分探しの旅を続けています。
※当ブログは、完全な個人的主観によって書かれており、いずれの団体とも関係ありません。また、ページ内に企業等の広告やスポンサーサイトの宣伝などが表示されることがありますが、これは当方の意図するものではありません。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


<皆さん初めまして、まっくママの旦那ことまっくパパと申します。今回妻の一周忌を迎えるにあたり・・・記念に妻と私のブログを書籍化しようと思いたち・・・主に病気のことや家族のことなどを抜粋して編集しました。何分素人の自費出版ですので、お見苦しい点が多々あると思いますが・・・よろしくお願いいたします。なお、書籍化するにあたり、一部ブログ内容に加筆修正を行いました。>


☆☆☆


私の妻は、32歳の時に乳癌と診断され、右の乳房を全摘しました。

腫瘍の大きさからすれば、温存もできたのですが、ほんの少しでも、再発の可能性があるのなら、全摘しますといって、自ら希望して全摘手術を受けました。

最初は自治医大病院にお世話になりましたが、約4年前に胸膜というところに再発し、やはり、癌は癌の専門家に見てもらおうと、当時は大塚にあった癌研究会付属病院に転院しました。

32歳で発病した時は、当時は30代前半で乳癌になるのはめずらしいと言われましたが、この病院で付き添っていると、決して珍しいものではなく、特に女性は早くから検診などを受けるべきだと思います。

元気で健康な女性だった女房に惚れて結婚しましたが、いざ病気になってしまうと、大変な苦労がありました。

子供が3人いて、当時は上の子が8歳でしたから、本人も大変でしたが、家族もまた大変でした。

それでも、当時は外科的措置をすれば、なんとかなるという状態でしたが、再発、再々発の今は、元気そうに振る舞っていても、本人には、とても堪え難い苦しさだと思います。

夫婦とは言っても、体の病気、痛みまでは替われません。

しかし、私には「大丈夫だよ、治るよ。」としか言いようがありません。

痛い背中や胸元をさすってあげることしかできないのです。

もう少し、女房の負担を減らしてあげられなかったか?体調の変化に気付けなかったかと、すまない気持ちでいっぱいです。

ごめんね、こんな情けない僕を許してくれるだろうか?

コメント

v-22macpapaさん へ
お二人の気持ち、我が身に置き換えて聞いています。
痛い背中や胸元をさすってあげることしかできない。。。
とおっしゃってますが、そのことが時には、どんな
言葉より慰められると思うのですけれど~。
手当てって手を当てるって書くじゃありませんか。
ぱぱさんの温かい心が手を通して伝わります。
たしかに、記事をよんでも奥様は大変な頑張り屋さん
だな~って思います。
一人で背負い込まないで、力を抜いてフワ~と
ぱぱさんに、よっかかれたら楽でしょうにね~。
どんな言葉の慰めより、広い胸で泣かせて・・・と
いう時が、きっとあります。
どうぞ、広い胸を貸してあげてくださいね。



2006-08-18 01:08 | JUN母 #No3yXvXc URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://happylovelife777.blog58.fc2.com/tb.php/29-ae2f1ee6

 | ホーム |