FC2ブログ

プロフィール

macpapa

Author:macpapa
埼玉県在住、亡き妻の残した3人の子供と祖母と暮らす5?歳。
力及ばず妻を守り抜くことができませんでしたが、亡き妻との約束「子供達を一人前に育てること」を守るために日々奮闘してます。
座右の銘は「日々是感謝」・・・何事にも感謝の心を持ちつつ、仕事、子育て、自分探しの旅を続けています。
※当ブログは、完全な個人的主観によって書かれており、いずれの団体とも関係ありません。また、ページ内に企業等の広告やスポンサーサイトの宣伝などが表示されることがありますが、これは当方の意図するものではありません。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


肌寒い気候ですね。


おばあちゃんに日中の付き添いを交代してもらい、自宅に一時帰宅しました・・・←なんだか避難民のような気がしてきましたよ。


体調は・・・どうという変化は無いのですが、一週間前、入院時、その前・・・と比べると、明らかに妻自身で出来ることが少なくなってきました。


例えば・・・水を飲む動作一つにしても、以前は水が無ければ自分でペットボトルからコップに移して飲んでいたのが、コップに移す行為が難しくなって介助が必要になったり、今ではコップにどのくらいの水が入っているかさえ良く分からない様子なのでこちらがコップを口に当てて飲ませたり・・・。


一日単位ではそんなに変化は感じないのですが、週単位や月単位で見ると・・・愕然とする・・・そんな感じです


あとは・・・色々な点滴をしているため、足にむくみが出てきてしまって・・・固まらないようマッサージしています。


☆☆☆


まだ正式なあたりではないのですが、退院についての意向を聞かれました。


妻の最期をどこで迎えさせてあげたいか、どう考えていますかと・・・。


正直、やっとの思いで入院させてあげられたので、もう退院の話ですか!という気がして、うまく答えられなかったのですが、病院としては症状が落ち着いて、医療連携の訪問治療で対応できる体調になれば自宅に帰るのが多くの患者さんにとって一番いいと思うのですがとのこと。


本音を言えば夜も眠れない、それこそどん底のような経験はもうしたくないというのが・・・私の正直な気持ちです。でも、ただ消えゆく命を病院で迎えさせるのも忍びない・・・という気持ちももちろんあります。


悩んでいるわけですよ。とっても


まあ、今のように時間単位のスケジュールで様々な点滴などのコントロールをすることは、私や家族では不可能なので、もう少し投薬のバランスがとれてから正式に決まりますとは言ってましたけどね。


いずれにしても、まだまだ色々なハードルがありそうです。


病院にいて、時間はもてあますくらいにあるので、じっくり考えたいと思います。


それではまた




コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-12-03 15:58 | # [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-12-03 18:49 | # [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-12-04 19:33 | # [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://happylovelife777.blog58.fc2.com/tb.php/233-12559550

 | ホーム |