プロフィール

macpapa

Author:macpapa
埼玉県在住、亡き妻の残した3人の子供と祖母と暮らす5?歳。
力及ばず妻を守り抜くことができませんでしたが、亡き妻との約束「子供達を一人前に育てること」を守るために日々奮闘してます。
座右の銘は「日々是感謝」・・・何事にも感謝の心を持ちつつ、仕事、子育て、自分探しの旅を続けています。
※当ブログは、完全な個人的主観によって書かれており、いずれの団体とも関係ありません。また、ページ内に企業等の広告やスポンサーサイトの宣伝などが表示されることがありますが、これは当方の意図するものではありません。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はおばあちゃん(妻の母)が付き添いを代わってくれるとのことで、3日ぶりに自宅から更新しています。


たくさんのコメント、本当にありがとうございます。


妻もまだコメントを頂いていることを理解しておりまして、「ありがたいね・・・。」と言っておりました。


一つ一つのコメントに返事ができず、申し訳ありません。


妻の体調は・・・夕べ、増量した睡眠剤の点滴が功を奏し、本当に久しぶりに、朝まで一度も起きることなく熟睡しておりました。


ただ薬が効きすぎて、午前中もとろとろしていましたけどね・・・


痛みのコントロールも完全で、全く訴えていません。


病気のことを知っていて、妻と仲の良かった方に私から連絡させていただいて、単にお見舞いに来てくれたよと言って、妻に会って頂いているのですが・・・それぞれきちんと受け答えできています。


このまま時間が止まってくれないかと思うのですが・・・



☆☆☆



昨日、部屋がいつ替われるか分からないと書きましたが・・・今日、急遽差額ベット代のない部屋に替わることができまして・・・正直ほっとしました~。


今日で入院費30万円超えだな・・・と思っていたところだったので、嬉しいというか、胸をなで下ろしましたよ




明日またおばあちゃんと交代して、泊まり込みに入ります。次にいつ自宅に帰れるか分かりませんが・・・悔いの残らないよう、思いっきりお世話してきたいと思います


それではまた





スポンサーサイト
妻の体調は比較的落ち着いています。

日中、妹さんが見舞いに来てくれ、仲良し姉妹でたくさんおしゃべりしたり、時折り笑顔を見せて笑うなど、調子よさげでしたよ。

ただ、夜眠れない症状はあいかわらずで、点滴の睡眠薬を徐々に増やして様子を見ている状態です。

後は、一時自覚症状が無くなった腕の骨の疼痛が再発したのと、呼吸が苦しいとのことで、皮下注射の痛み止め(モルヒネ)をすることになりました。

☆☆☆

入院も十日が過ぎ、今だ差額ベッド部屋から抜け出せません。

次に普通部屋が空いたら、移動ですと言われていますが・・・いつになることやら。

今年の冬ボーは目の前を通り過ぎるだけになりそうですよ・・・(-_-;)。

それではまた。


昨夜、おとといと二晩付き添いました・・・。

昨日は次男坊が来て、体調も上向くかと期待したのですが・・・。

夕方になって、担当医師から病状説明を受けたのですが・・・聞かなければよかった・・・という内容のオンパレード。

血液検査、MRI画像、胸部レントゲン画像、骨シンチ画像等のデータ・・・それらすべてが、奇跡とか希望という名のものを一掃してしまうような内容でした(>_<)。

今までは、医師にもう打つ手がありませんと言われていながら、心のどこかでは、また奇跡が起こって妻は回復するんじゃないかと思っていたのですが・・・。

☆☆☆

私たち家族に残された時間は・・・本当にわずかになってしまいました。

一日一日、いや一分一秒を大切に、かけがえのない時間を過ごしたいと思います。


追伸:着替えを取りに一旦帰宅しました。
   たくさんのコメント・・・本当にありがとうございます。
   理解できると信じて、妻に伝えてきます。
   返事が出来ずに、ごめんなさい。




曇り空の有明地方です。

天気に比例したように・・・夕べから体調が下降してしまいました・・・。

おとといまでは良く効いていた睡眠導入剤と睡眠剤の点滴・・・これが効かなくなってしまい、一時間おきに起き上がって、幻覚や徘徊しようとするなど、騒ぎが一晩中続いてしまいました・・・(>_<)。

一番ショックだったのが・・・妻の口から「ありがとう」という言葉が出なくなってしまったこと・・・。

今まではどんなに体調が悪くても、妻の座右の銘であった「ありがとう」という言葉が必ず最後にあったのですが、それすら忘れてしまったのかな・・・。

☆☆☆

今日は、昨日修学旅行から帰ってきた次男坊が見舞いに来るとのこと。

口べたなんですけど、妻が体調を崩し始めた5年くらい前から、毎夜神棚に「お母さんの病気を治して下さい。」と欠かさずに手を合わせてきた優しい子供なんですよ・・・。

妻の持つ母性愛とあいまって、奇跡への引き金になってほしいと願っています。

それではまた。


今日も暖かい天気ですね。


朝イチで洗濯物を済ませて、お水(日本水)を戴きに行ってきましたよ。


ちょっとした(実はかなりあせった)ハプニングもありましたが、無事帰宅し、病院に持って行く買い物も済ませてきました。


昨日の妻の様子は・・・入浴後は良かったのですが、午後からまたまた幻覚がひどくなってしまって・・・。


薬を飲んだっけと何度も言ったり、お風呂に入らなくちゃと言い出してパジャマを脱ごうとしたり・・・その都度言い含めるのに苦労しました


それでも・・・やっぱり母親なんですね。


夕方長男坊が見舞いに来たのですけど、その時は幻覚のげの字も見せずにきちんと話していましたよ。


おまけに長男坊が帰る時には、立って見送ろうとしたり・・・。


母性愛のなせる技なのかと、改めて感心させられましたよ。



☆☆☆


幻覚は、モルヒネ系の痛み止めを飲み始めてから出だしたので、(可能であれば)疼痛がなければ控えて欲しいとお願いしてきました。



これから病院に出発して、一晩泊まって、明日の夕飯まで一緒に過ごそうと思っています。


なんだか、日にちとか曜日の感覚が麻痺して来ましたが・・・かけがいのない時間を大事にしないとと思っています。


それではまた




おはようございます。今日も良い天気ですね。

妻の体調は・・・表面的には落ち着いているように見えます。

寝る時に行っている、睡眠導入剤と睡眠を持続させる睡眠剤に身体が慣れてきたようで、スースーと寝息をたてて寝ています。

家にいる時は、昼夜逆転したような感じで、寝られる時に短時間寝るといった生活でしたので、今はだいぶ自然な生活リズムになってきた感じがします。

気になることは・・・顔の表情・・・、何と言うか、表情自体が無くなってしまった感じです。

眼の焦点が合わなくなっていることもあって、元気な頃とは別人のようになってしまいました・・・(>_<)。

薬の影響であれば、回復する可能性もありますが・・・、転移の影響だとすると・・・う~んって感じです。

☆☆☆

今日はこれから、入院して初めての入浴があります。

寝たまま入れるそうで、良い気分転換になるのではと思っています。

私のほうは、夕食のお世話後に帰宅して、明日午前中に日本水を戴きに行き、その後病院に来て泊まろうかなと思っています。

ちょっとハードスケジュールかなとも思いますが・・・無理しない程度に頑張りますよ。

それではまた。




今日は暖かくなるようですね・・・。


昨日は・・・ごく内輪の見舞いで負担もかけずに・・・と思ったのですが、それぞれ時間帯がばらばらになってしまい、一日中、誰かしら見舞いにくる状態で妻に負担をかけてしまいました


休日で、暦も良かったことで仕方ないところもあったのですが・・・。


私も、自分の親を車で連れてきたことから、3時間ほどしかお世話できなかったのですが、体調は・・・まあいつもと変わらず・・・といったところでしょうか。


見舞いに来た方の認識や、話を合わせる、会話をするといったことは大丈夫。


ただ、薬の影響か、妻の顔の表情が変わっていて、見舞いに来た方が最初に妻の顔を見ると、一様にハッとした表情に変わるのが・・・はたで見ていて悲しかった・・・です


☆☆☆


今日はこれから、入院中の不足している着替えやフルーツを買って、午後イチで病院へ行く予定です。


マイ枕と毛布を抱えてお泊まりしてきま~す


それではまた





おはようございます。今日も冬晴れですね。


昨夜は付き添いをせず2日ぶりに自宅に戻り、今夜は爆睡するぞ~っと思ったのですが・・・寝むれませんでした


病院でちゃんと水を飲めているか、体調が急変していないか、枕元に置いた緊急連絡先にしてある携帯を何度も確認したり・・・、あ~眠れないと思って寝返りをうてば、妻が寝ていたベッドが目に入ってしまってますます・・・。


自分でも、こんなに俺は弱っちかったかなぁと思ってみたり・・・。


朝方、なんとか眠れましたけど・・・やっぱり寝袋持ち込みしようかな・・・



☆☆☆


実は昨日、ある大きな問題があって地元の主治医のところに行かなければならなかったのですが、それは何とか解決策がみつかり、ほっとしているところです。(内容は支障がでるので書けません)


昨日の妻の様子は、ブログUP後変わりないようでした。


変わったことと言えば、夜間に行っている睡眠剤の影響か、日中眠気がひどかったので少量のステロイド剤を点滴したくらいです。


今日は祝日ですから、特に検査も何もない予定です。


ごく内輪の親族が見舞いに来たいというので、疲れない程度に対応したいと思います。



気がつけば、暖かい秋からいきなり厳冬に季節が変わっていました。皆様もご自愛下さいませ。


それではまた




今日も快晴の有明地方です。

入院生活も三日目・・・まだ差額ベッド部屋にいます・・・お金に羽根が生えて飛んでいく夢で目が覚めましたよ(-.-;)。

昨日行われた眼科の診察結果は・・・今までと変わらないものでした。

左眼の回復は難しい、右眼の温存のために頑張りましょうとのこと。

他に変わったことは・・・痛み止めの飲み薬(モルヒネ)が始まりました。

そんなに疼痛は訴えてはいないのですが、徐々に慣らしていくとのことで、一番少ない量から始めますとのこと。

しかし・・・やっぱり出てきましたよ、あれが。

しばらくその系の薬を控えていたので、おさまっていた幻覚症状がまたでるようになってしまいました・・・。

今日の予定は骨シンチ検査。

午前中に造影剤をうって、午後から撮影です。

私のほうは、地元の主治医さんに報告兼お願いがあるため、検査後に家に帰り、今日は付き添いはしない予定です。

帰って妻が食べられる果物などを買い込まねば・・・。(病院近くにはないんですよ)

それではまた。




今日は朝から快晴ですね。

昨夜は、安静剤と睡眠剤の点滴を受け、夜はぐっすり寝ていました。

初日で心配だったので私もサブベッドで泊まりましたが、睡眠に関しては心配いらないなと感じました。

後は口の渇きの対策をどうするか・・・自分一人で飲むとこぼしてしまうことがあるので、幼児用のこぼれにくいストロー付きのコップでも探してこようと思ってます。

気になる症状はというと・・・舌のもつれがひどくなってきて、話しずらくなってきたようです。

これは本人にも自覚症状があって、「見えないし、話せないし・・・。」と悲しそうに言っていました・・・。

今日の予定は午後から眼科の診察が・・・医師が病室に出向いてくれるとのことですが、内容は瞳孔を開く目薬を点して・・・ですから前とその前の病院で行ったことの繰り返しですよ、たぶん。

私は日勤の担当看護師さんが着替えをさせてくれたら、洗濯物を持って一度帰宅して、必要な物を用意してまた夕方にでも戻ろうと考えてます。

しばらくこのパターンの繰り返しかな・・・。

私自身の体調管理にも気をつけたいと思います。

それではまた。



追伸:荷物を取りに自宅に戻りました・・・たくさんのコメントありがとうございました。返事を書く時間がなく、申し訳なく思っております。
いただいたコメントはすべて妻に伝えさせていただきます。
ありがとうございます。



湾岸地区の夜景がキレイですよ~。

高速の事故渋滞などで、一時間遅れで何とか病院に到着して、様々な検査、検査が目白押し・・・。今になってようやく落ち着きましたよ(^_^;)。

しかし、ここの緩和ケア病棟に申し込んで三週間で入れたのは早いほうだと主治医などから言われましたが・・・、結果論からいえば最初に言われた「入院まで三週間待ち」と寸分替わりなかったということになります。

たしか10日くらい前に、予定通り入院できるなら、眼科なども全部こちらでやりたいとお願いしたのですが、その時は入院のめどはまったく分かりませんとのつれない返事に、無理無理病院をハシゴして検査をしましたが、それらもすべて無駄骨・・・またこちらはこちらで最初から検査をするとのこと・・・。

得たものはないのに、失ったもの・・・妻の体力だとか費用だとかはとてつもなく大きなものでしたよ。

頭にきたのは・・・三日前に大騒ぎしてやっと撮影したMRI検査データ・・・大金(焼き増し代8000円也)かけてフィルムに焼いてもらって、大事に抱えて持ってきたら「あ、うちはうちで撮りますから持ち帰ってください。」と受け取ってもくれませんでしたよ・・・。

いや、三日前に撮ったものなのでなんとか使えるものなら使ってくださいと、無理やり押し付けてきました。

おまけに入った部屋が個室角部屋で無料テレビに電子レンジ、サブベッド付き・・・え?聞いてませんがここは?・・・差額ベッド代が一日25000円になります・・・めまいがしました。

担当の看護師さんはとても感じがいい方で、よかったねと話していたのですが・・・無料部屋が空いたら移動をお願いしますと頼みましたよ。

それでも妻の命には換えられないので、どこかで調達しなければと思っていますが・・・頭が痛い問題です。

☆☆☆

処置については、さすが専門病院。

妻の痛みや苦しみの原因に的確に対処して下さり、大変有り難いと思っています。

今夜は久しぶりに妻も私もぐっすり眠れそうですよ。

それではまた。
おはようございます。


たくさんの応援コメントありがとうございました。


本日、入院いたします。


たくさんコメント頂いていることを妻に話したところ、「ありがとうございます・・・、必ず退院します。」と言っておりました。


みなさまの祈りが奇跡に繋がると信じて、支えてきます。




追伸・・・入院中、携帯からの更新になると思います。コメ返し等、できなくなることがあるかと思います。お許し下さいませ。




今日もいいお天気の埼玉地方です。


午前中に有明から電話があり、明日火曜日に入院が決まりました。


専門家に見ていただけると言うことで、ほっとした気持ち半分、寂しさ半分でなんともいえない気持ちです。


昼過ぎに妻と一緒に入院の準備をしていると、「これで迷惑をかけないですむね。」と言い出しました。

そんなこと言うなよ・・・誰も迷惑だなんて思っていないよ・・・。

「いや、私は本当にそう思ってるの。あなたも夜寝れないし・・・。」

・・・あやういところでこらえました・・・。



もちろん、迷惑だなんて思っていないし、本当は自宅にいさせてあげたい・・・これは本心なのですが、ろれつが回らなくなって、排泄すら自分一人でする事が難しくなってしまった今では、子供達の前にいることすら辛くなってしまったのかもしれません


必ず、もう少し元気になって帰ってくるからねと言っていますが、現実には片道切符になる可能性も・・・。




午後、訪問看護の看護師さんに4回目の丸山ワクチンを接種してもらいました。


疼痛は完全にないとのことで、痛み止めも飲まないで済んでいます。


これが奇跡への足がかりと信じて・・・





おはようございます。冷え込みましたけど、朝からよい天気ですね。


おとといからの騒動は・・・的確なアドバイスをいただき、そして主治医の対応も早かったため、なんとか良い方向に向かっています。


あと気がついたことは・・・ここ数日、まったく疼痛の自覚症状がないとのことで、妻本人の希望で痛み止めの薬を飲んでいません。


それに伴って、幻覚症状も収まってきているように感じます。


気になることは・・・全身機能の衰弱、特に平衡感覚が麻痺してきている・・・ということです。


一週間前にはなんとか掴まりながらも、自分でベッドから起きあがったり、トイレに行ったり、手すりに掴まりながら階段を登ることもできたのですが、今は介助がなければ不可能です


おそらくこれらのことは・・・おととい検査したMRIで写っていた脳内の多数の白い影のようなものの影響・・・だと思われます。


医学的なことは分かりませんが・・・素人目にも、うーんという感じでした。


有明に入院して判断を仰ぐことになると思いますが、やるなら後遺症覚悟で放射線の全頭照射、もしくはまったくやらないか・・・になるのではないかと思われます。


唯一、かすかな希望の光は・・・丸山ワクチンとハスミワクチン・・・。


ハスミワクチン単独でやっていたときは、あまり効果が感じられなかったのですが、併用可ということで丸山ワクチンと一緒に行ったところ・・・冒頭に書いた疼痛が無くなったという効果が現れました。


ただ、これは脳内の影響で痛みすら感じなくなっているかもしれないので、楽観はできないと思っています。


丸山ワクチンの説明会では、(効果が出れば)全身のどこのガンにも効くとのことだったので、疼痛を感じなくなったことがワクチン効果であったとすれば・・・希望がもてるということになります。


☆☆☆


現実を見れば・・・非常に厳しい状況だと思います。


力ずくの治療をするか、ワクチンの効果を期待しつつ、現象面のみへの対応にするか・・・。


・・・・・。



おはようございます、今日もすっきりしない天気のさいたま地方です。


実は昨日、MRI検査の時にちょっとしたハプニングがあって、それが原因で妻の体調を落としてしまいました・・・


もともと、点滴をしているということや、呼吸が苦しいということで・・・口から呼吸をするようになっていて、自然と口が渇く→水分を多くとる→トイレが近い・・・となっていたのですが、昨日は病院に着いてすぐに検査ということで、一応トイレは?と聞いて「大丈夫」ということでそのまま検査を受けてしまいました。


それでも、有明や女子医などで行っていたMRI検査は10分から15分くらいでしたので大丈夫だと思っていたのですが・・・昨日の病院のMRIがちょっと旧式だったらしく、時間が3~40分以上かかってしまい、検査中トイレに行きたいと訴えたらしいのですが、造影剤をうって、今は動かせません・・・と言われ、そのまま検査続行となってしまい、検査後すぐにトイレに駆け込んだりしたのですが、その影響からか、さらにひどい頻尿の症状になってしまいました・・・


そのせいか・・・夕べは30分起きにトイレに行くような状態で・・・二人揃ってほとんど寝れませんでした・・・


油断でした・・・。


俺が更に辛い状況にしてどうする!って反省しても・・・後の祭りです



☆☆☆


今日の朝イチで有明に電話を入れ、入院できるか問い合わせをしたところ、現在はベットが満床ですが、月曜日に退院できそうな方がいるので、そこが空き次第・・・とのことでした。


早ければ火曜日ころ入院できるのでは・・・と期待してます。


今日は主治医が往診で、ゾメタと丸山ワクチン(3回目)をうちに来てくださる予定なので、いつも行う栄養剤の点滴は医師に聞いてからにしようと思っています。


入院できるまでは24時間態勢で頑張ります!。



それではまた





今日の天気は曇りのち晴れでしたが・・・妻の体調は曇りのち雨という感じでした。


昨日は体調が上昇気味だなと思えたのですが・・・今日は明らかに下降気味。


気が抜けない日々が続きます


それでも、何でもいいので話しかけると、それについてはきちんと答えることができるので、意識がはっきりしている時間を見計らって、色々な家の中のことや、支払いの関係など・・・聞ける範囲で聞いています。


夕方になって、緊急枠で確保してもらったMRI検査のために病院へ行きました。


たまたま先日診断してもらった医師がいて、ガンマナイフ治療のデータを見せると・・・「う~ん、危険だなぁ。どうしますか?やりますか。」とのこと・・・。


有明から緩和ケア病棟に入れるという電話が来たのですが・・・と言うと「あ、それじゃあそっちでやってもらったほうがいいよ。今日のデータはフィルムに焼き増ししましょう。」・・・って、早っ


危険なリスクを冒さずに済んで、なんだかほっとした顔してましたよ



妻とも話し合い、やはり有明に入院させてもらえるよう連絡をいれることにしました。


とりあえずは体力を温存させて、できれば回復させてもらって病気と共存する方法を模索する・・・。



それが第一の目標ですね。



明日は丸山ワクチンの3回目投与の日です。


がんばれワクチン!


それではまた。




今日もいい天気のさいたま地方でした。


今日の予定は・・・以前に行ったガンマナイフ治療時のデータを受け取りに東京○子医大に行くこと・・・視界がゼロに近くなってしまった左目の放射線治療が可能かどうかを脳外科医に確認することでした。


洗濯物を干して、点滴をセットして、義母に妻を頼んで電車に飛び乗りましたよ。


病院に着いて売店でおにぎりを買い、ほおばりながら順番を待つと、ほぼ予約時間通りに診察室に呼ばれ中に入りました。

「網膜に転移してしまいましたか・・・、ガンマナイフのデータですね、すぐに準備しますよ。」

先生・・・放射線治療が可能でしょうか?・・・「こちらでもシュミレーションしてみましたが、難しいでしょうね。」・・・。

ここでも見放されてしまいました・・・



受付で渡されたものは・・・A4のペーパー数枚の入った封筒1通・・・何かMRIのフィルムとかもっと詳しい資料じゃないのかよ・・・と思いながら、これが本当の絶望か・・・と思いながら病院をあとにしました


街を歩くと健康で幸せそうな夫婦の姿ばかりが目に入ります。


見ないようにしようとすると、聞こえてくる音楽がケミストリーの「最後の川」・・・。


聞きたきゃヘッドフォンで聞いてくれよ・・・と思いながらとぼとぼと駅に向かいましたよ。


☆☆☆


もう打つ手はないのかと考えながら家に帰ると、有明の病院から電話が・・・しかも緩和ケア科の看護師の方でした。


用件は「ベットが空きそうなので入院できそうですがどうしますか?」との知らせでした!


待ちに待っていた電話でしたが・・・色々と地元の病院での診察や検査などがあるため、月曜日まで返事を待ってほしいとお願いしましたよ。


☆☆☆


今まで降りが激しくなる一方だった土砂降り模様から、ちょっと小降りになって雲が薄くなってきた・・・ように感じました。


楽観はできませんし、費用面などもろ手を挙げて喜ぶ状況ではありませんが・・・でもなにか一筋の光明が見えた・・・そんな感じです。


妻も「これでわたしのことでみんなに迷惑をかけなくて済むね。」と喜んでいます。←迷惑なんかじゃないよって言いましたよ


夕飯の時、妻が「病院でリハビリして、必ず帰ってくるからね。みんなで協力して頼むね。」と自分自身の声で子供達に言い聞かせていました。


おとといから始めた丸山ワクチン・・・今日で2回注射してもらったのですが・・・どこがどうというわけではないのですが・・・なんとなく妻の様子が変わった感じがします。


例えば・・・昨日までは幼児退行が進んでしまい、気がつかなかったことが、今日は気がつくとか、今までは目が見えないのでテレビなど見ようとしなかったのが、自分からちょっとテレビ見たいなと言ってリモコンを操作したり・・・笑われるかもしれません、気のせいかもしれないですけど・・・ワクチンを始める前までは右肩下がりの一方だった体調が水平からちょっと右肩上がりになった・・・そんな感じがするんです。


医学的には1回や2回の注射で末期の症状が好転することはありえないと思うのですが・・・なんか違うんですよね。


ひいき目からくる幻かもしれないし、まったくの勘違い・・・かもしれません。でも、なんでもいいからいい方向にとらえていきたいと思っています。



明日は夕方から緊急枠で確保してもらったMRI検査があります。


日中はゆっくり休ませてあげたいと思っています。


それではまた






今日も良い天気でしたね。


今日は何もない一日・・・よし布団でも干すか!とシーツをはがし、枕カバーを外して洗濯機のたっくんに放り込み、ベランダ一杯に洗濯物と布団を干しましたよ。


朝から気分がいいと思った・・・のですが・・・。



妻は日中からもう夢か幻か、区別がつかないような言動がほとんどを占めるようになってきてしまいました


意志をはっきり伝えられるのは、トイレと水分を取りたい時・・・という感じでしょうか。


ここ1~2週間でかなりのスピードでそれらの症状が進んでしまい、そうですね・・・1日に2~3歳年齢が幼児退行の方向に行っている・・・そんな感じです。




今日の分の点滴を終えて、しばらくソファー兼ベットに横たわっていた妻が、「お父さんお父さん。」と言いだしました。


どうした?ここにいるよ・・・「そばにいなきゃだめ、そばにいてよ、そばに・・・」

「ここにいるよ、大丈夫だよ。」手を握りながら答えると・・・焦点があわなくなった目で「そばにいてよ~、そばに~。」と何度も繰り返します。

「そばにいるよ~、いつもいるじゃないか・・・。」思わず・・・泣けちったですよ・・・妻の前じゃ泣かないって思ってたんですけど、がまんできませんでした・・・。



時を遡れれば、あの時こうしてあげたのに、この治療法をやったのに・・・という後悔の念が残ります。


せめて子供達の前では母親として、またまともな人間性が残っている状態でどこかに入院させてあげたいと願っているのですが・・・。



☆☆☆


明日は以前にガンマナイフ治療を行った時の画像やデータを受け取るため、私だけが女子医大に行きます。


その間は義理の母(妻の実母)が見ていてくれるそうです。


医者には見放されたっぽい放射線治療のデータですが・・・最後の最後まで諦めませんよ、やることがある以上は走り続けますよ。


それではまた






気持ちの良い秋晴れでしたね。洗濯物も良く乾きました~。


朝イチで家のことを済ませて、行ってきました丸山ワクチン。


事前の調査によると、文京区にある日本医科大学付属病院にて、毎週月火木の午前9時から午前11時までの受付け、おおむね2時間の説明を聞いてワクチンを持って帰れるとのこと。


洗濯物に手間取り、家を出たのが午前9時半・・・遅れては一大事とあせりながら電車に飛び乗り、最寄駅に着いたのが午前10時15分・・・まだ余裕があると思い、遅い朝ご飯兼早めの昼食を食べて病院にINしましたよ。


受付に行き、書類を見せると整理札を渡されて、午前11時ちょうどに後半の部の受付ですので、それまでお待ち下さいとのこと・・・。


聞けば受付時間は午前9時から午前11時までですが、前半の部が午前9時20分締め切り、後半の部は午前11時になるとのこと・・・9時半ころ着いたら受付まで1時間半も待たされるとこでしたよ~。ということで、丸山ワクチンを試そうと思われる方は、お気をつけくださいね。


11時きっかりに受付が始まり、故丸山千里名誉教授のビデオ映像を見て、その後現役の医師の方の説明を聞き、ようやくワクチンを頂くことができました~


病院を出て、ふと見回すと目の前に立派な鳥居が・・・。


根津神社というのだそうです。目に飛び込んできたのも何かのご縁・・・と思い、ご挨拶してきましたよ。


もちろん、丸山ワクチンが効果を発揮するようにとお願いしてきました。


参拝後、おみくじを引くと・・・『中吉』。


中を読むと・・・『思うに任せず心痛する事多し。病気重し医師を選べ』とのこと・・・う~ん、神様・・・深いなあ


丸山ワクチンを抱えて家に帰り、早速かかりつけ医の先生に注射してもらいましたよ。


ビデオの説明ではワクチンが良く効いたという話ばかりで、浮かれてはいけないと思うのですが、我が家も少しでもあやかれることができますよう祈っています・・・。


☆☆☆


以前有明の病院で同じ病室だった○○さん、○○でお世話になった○○コーポレーションの専務さん、同じく○さん、○さん、また全国の多くの皆様方から、多くのお見舞い、あたたかいコメントなど、本当にたくさんの皆様から頂きまして・・・なにもお返しができないことを、この場をお借りしてお詫び申し上げます。


なんとか病気と共存できるように体力を回復させ、皆様に妻自身の手で御礼のメッセージを届けることができるよう、家族一丸となって頑張っております。


どうぞこれからもよろしくお願い申し上げます





ふ~今日も行ってきましたよ~・・・新しい病院へ。


今日は、自分の住む町の市立病院・・・。以前長男が入院したこともある病院で、なかなかの規模と充実した施設を備えているところです。


今日の診察は、目に当てる放射線科の受診。


紹介状があるとはいえ、初回はおそらく検査の日程を決めるくらいだろうと思い、朝イチで電話をして代理受診が可能か尋ねると・・・本人が来ないとどうにもできませんとのつれない返事が・・・。


体調が悪いのでと言っても、それでは体調が回復するまで延期しますか?とのこと・・・それじゃ手遅れだってぇ~の


待合い時間はほとんどないですよとのことなので、なんとか妻を連れてしましたよ。


初診なので、早めに病院に入り、予約の15分前に放射線科に行くと、すぐに呼ばれ診察室へIN。


しか~し、診察室に入るや、担当医がしぶ~い顔・・・。


紹介状だけじゃねえ・・・検査は?今までの経緯は?放射線を受けたことあるの?・・・矢継ぎ早の質問です


妻はもうろうとしているため、分かる範囲で代理で答えましたよ。


え?ガンマナイフやってるの?13カ所も?それも8月?・・・そりゃその病院でやったほうがいいと思うけどねえ・・・。


完全にやる気0パーセントです・・・


たしかにリスクがあることは分かりますけど・・・がっかりしました・・・。それでもなんとか女子医大から私が当時のデータを取り寄せることで放射線治療をしていただくことになりましたよ。



その後、眼科の紹介状ももらってきていたので、予約外で眼科の診察も受けることになり・・・こんどは待たされました~。


検査を含め、2時間近く待たされました・・・


しかも眼科の検査は、前の病院と全く同じ検査内容・・・、病院間での検査データのやりとりはできないのかと思いましたよ




診察の結果は・・・腫瘍からでたガン性の水による網膜剥離を起こしているとのことでした。


放射線で腫瘍の増殖を止めることができれば、水を吸収して回復する可能性もないわけではないが・・・難しいでしょうとのこと。



診察が終わってようやく家に帰ると、妻はグロッキー・・・階段も上がれず、1階の母の部屋で寝込んでしまいました・・・。



☆☆☆


もうこうなったら、藁にもすがるぞと思い・・・かかりつけ医にお願いしましたよ、丸山ワクチンの投与を・・・。


事前に調べた範囲では、費用はたいしたことがない(40日分で9450円)のですが、自己注射が認められていないので、往診か通院で注射してくれる医師が必要で、その承諾書を持って行かないとダメとのことで、みなその医師を見つけるのが大変だとのこと・・・。


今日の診察の結果報告を兼ねて、かかりつけ医の病院に行き、恐る恐るお願いしてみると・・・「いいですよ、何かしてあげないと生きる希望がなくなっちゃいますからね。それに以前に何度かやっている患者さんもいるんですよ。」と快諾。思わず手を握ってお礼を言いましたよ



とりつく島無くむげに断られてがっかりすることもあり・・・逆に背中を叩いて励まされることもありと・・・本当に妻の命の瀬戸際で様々な経験をさせていただいたなと思います。


これも私に必要な修行だったのでしょう。



ということで、明日は早速日本医科大学病院へ丸山ワクチンをもらいに行ってきまする~





朝から模様の埼玉地方です。


妻は現在、治療らしい治療は何もしていない状態なのですが、栄養不足を補うため、高カロリーの輸液を一日一本、点滴しています。


はじめはブドウ糖5%、500mlというものでしたが、体のむくみもなく体内に吸収できているとのことで、現在はビタミンを含んだより高カロリーの輸液剤に変わっています。


ただ、量が今までの倍近くあることから、落とす量を500~600ccになるように点滴バックの残りを見ながらの点滴となっています。


点滴中も含み、日中、とろとろでうつらうつら・・・の症状は、主に痛み止めと一緒に飲む吐き気止めの薬の副作用でなるようです。


あと最近悩まされているのが、幻覚を見るようになっていて、それが結構頻繁になってきました。


あとは物忘れ・・・ですかね。ついさっき話したことをまた話し出したり・・・認知症に似た感じですかね。


これらの症状は・・・おそらく麻薬系の痛み止めの副作用でないかと思われるので、体調をみて極力飲む量を減らしたり、代替えの薬で済ませるようにしています。


先日起こったポートと中心静脈のつまりは・・・点滴が終わった後にDr.macpapaによる投薬(ヘパミン)により、その後つまりは起こっていませんよ


☆☆☆


夕飯後・・・お風呂に入りたいと言いだし、ふらついて不安だから一緒に入ってくれる?と言われました。


ああ、いいよ、ちょっと待ってて・・・と言ってすぐに準備をして手を引いてお風呂場に入ると・・・痩せて、骨張った背中が目に飛び込んできました・・・


背中の色々なところに小さなこぶのようなふくらみも・・・


頭を洗ってあげて、入院していた時も洗ったよね~と言うと・・・そうだねぇ~、洗ってもらったね~と子供のように無邪気に、嬉しそうに話していました。


背中を洗ってあげてシャワーで流しながら、自分の涙も洗い流しましたよ




こうなるかもしれないと分かって籍を入れたはずなんですけど・・・ダメですね、いざとなると・・・ぜんぜん心の準備ができていませんでした・・・。



まだまだ修行が足りないな。




いかん、またまた湿っぽくなってしまった。



笑い飛ばさないと・・・、正気に戻った時にかあちゃんに怒られる~


明日は晴れるかな・・・んじゃまた






今日は一日何もない日・・・ゆっくり体を休めて・・・と思ったのですが、そううまく問屋は卸しませんでした・・・


まず、朝イチ早々から「寒い寒い。」とふるえていて、え?こんな暖かい部屋で・・・と室温表示を見ると24度・・・ストーブがついていて普通なら暑いと感じる室温なのに・・・です。


もしかして熱があるんじゃないと体温計で測ると「37.5度」・・・微妙な体温です。


解熱剤ほどの体温ではないため、とりあえず暖かい布団をかけて様子をみると、しばらくすると今度は「暑い!」と大きな声が・・・。


布団をかけたり、はがしたり・・・自分ではできないので、マンツーマンでお世話係ですよ



それに・・・最近、薬の影響か・・・なんだか幻覚をみているかのような言動がでてきて・・・仕方ないとはいえ、ちょっと見ているのが辛いときがあります



薬の影響か、昼はとろとろでうつらうつらなんですけど、夜は目がぱっちりして、しっかりしているんですよ。


寝れない~と起こされることもたびたびあって・・・う~ん、どうしたらいいものやら・・・


☆☆☆


よくニュースとかで、介護疲れとか看病疲れとかで、無理心中とか発作的に首を絞めてしまったとかという報道を聞きますが・・・今までは『なんて馬鹿なことを・・・』としか思わなかったのですが、いざ自分の身に降りかかってくると・・・正直、気持ちは分かるな・・・という感想に変わりました。


あ、ご心配なく、私はあくまで気持ちが分かるだけで・・・冷静ですからね


この世で辛いといって自殺したり、他人を殺したりするのは魔物の所行・・・あの世でもっと辛いことが待っている、この世で耐えた方がまだまし・・・と聞いたことがあります。


辛い介護や看病を、誰にも相談できずに、先が見えない迷宮に迷い込んでしまったときに・・・魔物に魅入られるんじゃないですかね。


私には応援をしてくださるたくさんの皆さんがいること・・・本当にありがたいと思っています


皆さんの色々なコメントを読んで、ああこんな考え方があるんだ、こんな見方があるんだと冷静に客観的に考えることができるんですよ。


まだまだ先の見えない看病の道ですが、これからもどうぞよろしくお願いいたします







ちょうど200話目の更新ですが・・・今日も通院ネタです


今日は大宮○赤で眼下の検診・・・。


連日の通院で妻はだいぶお疲れモードです。


ですが今日は気になる左目の診察があるので、なんとか準備してしました。


予約は10時半で、10時には病院に着きましたが・・・やはり待たされました~


待合いの様子から、最初から予定通りにはいかないと感じ、早々にベッドに横にならせてもらって順番を待ちましたよ。


検査に1時間待ち、更に診察まで1時間待ちで呼ばれたのがお昼過ぎ・・・体を治しに行っているのか、悪化させに行っているのか分からなくなってきましたよ


診察結果は・・・左目は腫瘍が大きくなっている、右目もあやしいので早急に治療したほうがいいでしょうとのこと・・・。


この病院では放射線の機械が使えないので、またまた違う病院への紹介状を渡されて来週月曜日に行くことになりました。


次の病院も検査の予約から始まるんだろうな・・・



帰ってきて、じゃあいつもの点滴をしようかとセットすると・・・すぐに警告音が鳴ってしまい、どこかが詰まっている様子・・・、マニュアルを見ましたが私の手には負えないようなので、かかりつけ医に来てもらうと・・・どうやら埋め込んだポートと血管の間あたりで詰まっているようだとのこと


詰まりを溶かす薬を流してもらい、今はなんとか流れています。


今日、明日は点滴が終わってから、その薬を最後に流してくれと言われ・・・旦那さん頼みますと・・・え、私がやるんですか


まあ、聞けば点滴の接続部に針のない注射器を押しつけて薬液を入れるだけなんですけど・・・う~ん、Dr.macpapaの誕生ですな


冗談はともかく、この薬で流れるようにならないとポートの埋め込み直しで再入院になってしまうので、うまくいってくれるように祈りますよ。


明日は久しぶりに何もない一日・・・ゆっくり休ませてあげたいと思います。


それではまた





今日も行ってきました、病院へ。


大宮○赤の放射線科に行ってきたんですけど、ちょっと心にささくれができてしまった出来事がありました。


あ、決して今日行った病院のことではないです、はい。


10時に予約していた診察のため、9時に家を出て30分過ぎには病院入り・・・車いすで放射線科に行くとすでに4人の患者さんが・・・。


30分たっても呼ばれず、妻の顔が蒼白になってきたので、事情を話してベットに横にならしてもらいました。


ようやく順番が回ってきたのが11時過ぎ、やれやれと思って診察室に入りましたが、医師の説明によるとすぐに放射線治療を始めたほうが良いけれど、ちょうど機械の更新で調整している最中でここでは時間がかかるとのこと。


自宅から近くて治療をできる病院を紹介しますとのことで、以前義理の父が入院した病院を紹介してもらうことにしました。


こんな話なら、具合の悪い妻を連れてこなくても良かったんじゃないか・・・と思いましたが、すでに後の祭り


だいたいの治療の進め方を聞かされたのですが、なんでもCTやMRIで検査した後は、2~3週間連続で放射線をあてる治療が必要とのこと。


え~、2~3週間毎日ですか・・・


病院への送り迎えは私がするとしても、体力が・・・。


入院の予定はないのですかと聞かれたので、2~3週間後に有明の緩和ケア病棟に入院する予定なんですけどと答えたところ、それじゃあその時に一緒にやってもらったほうがいいですよとのことで、一応、義理の父が入院した病院への紹介状をもらい、有明へは私が連絡して可能かどうかを聞くということになりました。


入院して一緒に治療できれば一番いいことなので、早速家に帰ってから電話してみましたよ。


すると・・・電話口に出た看護師は・・・なんだかまるで人ごと・・・。


一応眼科と先生に聞いてみますが・・・とのことで一旦電話をきって、再度連絡を入れたところ・・・緩和ケアの入院はまだまだ先になりそうですから、そちらで目の治療を終えたころが入院になるんじゃないでしょうか、眼科のほうは紹介状をいただければ診察は可能ですとのこと。


それじゃあ、体力もないし、時間も間に合いませんよと食い下がったのですが、入院希望の方は順番で待っておられますので・・・とまったく取り合ってくれませんでした。


なんだか、有明は治療の方法がなくなってしまった途端、医療連携という名の下に患者を放り出したような感じを受けましたよ


確かに今まで5年近く命を生き永らえさせてもらったというご恩は感じています・・・だけど、治療方法がないといってもとりあえず命の灯火を消さないよう、すがる思いで電話しているのに・・・そのそっけなさはなに・・・と、がっかりしました、はい


それに、あまり大きな声で言いたくないんですけど、緩和ケア病棟につい先日書類を持って行った時、ロビーを入院患者のパジャマを着た女性が、"普通に"歩いていたんですよね、普通に。


誰の手も借りずに普通に歩ける人が緩和ケア病棟に入院しているんですよ~。そのときは、へぇ普通に歩ける人もいるんだくらいのことしか思わなかったのですが、ベットが空いた時には命があるかどうかという家族・当事者にとっては・・・心穏やかにはいられないですよ。


まあ、緩和ケア病棟に見舞いに来た他の階の入院患者さんかもしれないし、その週に退院した方なのかもしれないので、ぐっと抑えましたけど、もし入院することができたなら・・・調べちゃうぞ~


いつもは午前中に行う、点滴を昼過ぎから行い、今は薬の副作用で眠っています。


今日はこれから、再度ケアプランの打ち合わせがあって、明日はまた大宮○赤の眼科受診と、妻の体力が心配なのですが、負担を最小限にしてあげたいと思っています。


また追記があれば報告します。それではまた。




ふ~、ばたばたの一日が終わりました~


朝、一通りの家事を済ませて、一息入れる間もなく役所から介護保険の面接調査・・・。


体調が思わしくなく、ソファに寝たまま面接を受けましたが・・・質問項目がなんと82個!・・・疲れちゃうじゃんって感じですよ


本人がどうしても答えなければならないものを除いて、代理で答えました。


約30分ほどで面接を終え、結果はだいたい一ヶ月後にでますが、暫定の認定ということでケアマネージャーさんと話を進めてくださいとのこと・・・。


ケアマネージャーさんはすでに妻の友人が勤める介護関係の会社にお願いしてありましたので、すでに福祉用品などのカタログも頂いて、準備はオッケーでしたよ


介護保険の介護必要度にもよりますが、認定されれば福祉用品が1割負担でレンタルや購入ができるとのこと。


種類はそれこそ多種多様な物があって、それこそニッセンのカタログからファッション部門を除いたものがほぼあるんじゃないかという充実したラインアップ・・・。


本当に介護に役立つのか?というものまでありましたが、我が家にとって本当に必要な物を使わせてもらおうと話し合いましたよ。




午後からは主治医の往診、住宅改修の打ち合わせ(手すりの設置など)などなど・・・ばたばたしているうちに今日も日が暮れてしまいました~



妻の体調は・・・色々な人が出入りして、ちょっとお疲れモードです・・・


数日前から両ふくらはぎが痛いとのことで、歩くのによたついています。


食欲は・・・あいかわらずなし。


今日一日で口にできたものは・・・重湯とリンゴ1/4個、メロン1/8個、バニラアイス半分、あとはジュース類くらい・・・。


往診の主治医が血液を採取して検査と点滴の効果測定をしますと言ってくださいましたが、栄養失調になっていなければいいなと願っています。




明日は午前中に大宮○赤の放射線科の受診の予定があって、左目の診療方針について説明があるとのこと。


視野狭窄の拡がりが速いので、とりあえず進行を止めてもらわないと・・・。



午後はまたケアプランの相談にケアマネージャーが来るということで、明日もまたばたばたしそうです。


それではまた





午後からになってしまいましたね。


今日は長男が休みで家にいたので、妻の付き添いを頼んで色々な手続に走り回りましたよ。


まず、役所に行って介護保険の申請と障害者手帳の申し込み・・・。


もうなりふり構っていられないので、利用できるものは何でも利用しようと割り切りましたよ。


主治医からのアドバイスでというと、どの窓口でも「あ、分かりました。」と言ってすぐに受け付けOK。


障害者認定だけは指定医でないとダメだということで、あさって受診の大宮○赤に書類を持って行ってからということになりました。


それから8月分の高額医療費の還付請求をし終えてから、かかりつけ医の病院に


残りが少なくなった薬の処方箋と明日の往診をお願いしてきました。


家に帰ってから、午後から末娘の進学三者面談・・・。


他の人は学校に出向いて行うところを、わざわざ我が家に来てくれたとのこと・・・感謝です


それが終わって買い物だのなんだのと、今日もあっという間に日が暮れてしまいました。


肝心の妻の体調は・・・一日とろとろと眠そうな感じでした。


特別痛いところや不快感はないとのことなので、ほっとしてます


明日は、役所の面談調査(介護保険)とケアマネージャーとの打ち合わせ、主治医の往診と今日と同じくばたばたの一日になりそうですよ




明日も頑張りま~す






今日は朝から快晴のさいたま地方です。


天気の良い日は・・・朝から洗濯機のたっくんが大活躍。


ここ何日か洗えなかった厚手のもの、シーツなどを洗濯し、布団も干して大満足・・・うーん主夫生活も魅力的かも


運動不足の千代も、学校が休みの次男がたっぷり散歩に行ってくれました。


ちなみに・・・次男は高校で陸上部、筋トレで鍛え上げているせいか、先日近所の方が「お宅の○○君、イケ面ですよね~。すっごい鍛え上げられているし・・・。」とのお褒めの言葉が・・・。


そ・こ・で・・・勝手に命名『おさんぽ王子』。←By macpapa


☆☆☆


妻の体調ですが、お天気に比例してか、体調が良さそうに見えます。


I先生のアドバイスで始めた高カロリー輸液の点滴が功を奏しているようです。


心配された体のむくみもないので、順調に体内に吸収されているようです。


点滴の準備から終了まで私が一人でやっているのですが、なんとか手順にも慣れて、今ではマニュアルなしでOKなんですよ~


体調が良いと、すべてが良い方向にいっているかのように思えます。


本当に小さな幸せ・・・なんですけど、このまま少しずつでも小さな幸せを積み重ねて行ければと思います。



いつも暖かいご声援・・・ありがとうございます





午後からお日さまが出ましたね。


☆☆☆


ついさきほど、子供達に伝えました。


悩みましたけど、奇跡が起こると信じてはいますけど・・・伝えなければならないことだと思って伝えることにしました。


三人とも無言で涙を浮かべていました。



これが何年か後に、本当に笑い話になっていることを祈ります・・・。




昨日は・・・湿っぽい更新を致しまして・・・失礼いたしました


泣けば病気が治るもんでもなし、逆に笑い飛ばすくらいでないと・・・ということで、今日からまた気持ちを切り替えていきますよ~


☆☆☆


今日は久しぶりに病院の受診はない日でしたが、やっぱり縁を切ることはできず、今日から自宅にて栄養補給のための在宅点滴を受けることになりました。


ポートを埋め込んだので、もう簡単にできるものだと思っていたのですが、なんだか点滴をコントロールするポンプとかをかませるとかで、医療用のメーカーの人だとか、専門の薬局の人だとか、かかりつけ医の先生だとか、色々な人が我が家にやってきては説明をしてくれました。


病院では単に点滴バックをポートに射すだけだったのですが、自宅だと安全性の確認のためらしく、仰々しい感じです。


見知らぬ人が出入りするため、千代はそのたびにびくびくものでかわいそうでしたよ


とりあえず、一番薄いブドウ糖点滴(5%、500ml)を5時間ほどかけてするそうで・・・それを聞いた私たちは「え~5時間?」って驚いてしまいました。


慣れればもう少し、時間を短縮するそうですが、最初は様子見でこのレベルでやるとのこと。


なんにしても、とりあえず栄養を体に行き渡らせて体力を回復させないとなにもできませんから、効果が上がりますようにと祈りましたよ。


ということでご報告でした~




午後から雨降りになってしまいましたね。


今日も行ってきましたよ、病院に。


今日の目的は・・・先日入院して埋め込んでもらったポート部分の抜糸。


9時半予約で、病院に着いたのがちょうど9時。外科外来は混むかな~っと心配したのですが、看護師さんに事情を話し処置室のベットに横にならせてもらい、順番を待ちました。


有明の病院はまわりがみなガン患者ですから、気分が悪いといってもよほどの具合悪さでない限り、待合いの長いすに横になっていてください・・・程度の対応なのですが、○赤だと看護師さんが顔色をみて、逆に声をかけてくれるので助かりますよ


予定より30分遅れで診察を受け、抜糸をしてもらい、もうポートは使えますよとのことだったので、早速栄養補給の点滴(ブドウ糖5%・500ml)をしてもらいました。


妻によると、射すときも抜くときも全く痛みがなかった~とのこと。ありがたいねと話し合いましたよ。


点滴などすべて終わって、病院を出たのが午後1時・・・。妻が「お腹すいたね。」と言うので、和食のレストランにでも行こうかとしました。


家の近くの和食系のお店に入り、久しぶりだねと言いながら席に着き、何食べる?と聞くと「茶碗蒸しだけでいい。」とのこと・・・。


え?それだけ・・・「うん、それだけでいいの。」

ごめんね、家の近くじゃ知ってる人に見られるかもしれないね・・・「いいの、見られても私からは見えないし・・・。」

え?どのくらい見えないの?・・・「左目はもう1/3くらいしか見えないの。」


運ばれてきた小さい茶碗蒸しを少しずつ食べる妻を見て、ふいに涙があふれてきてしまいました・・・


元気なころは、二人してランチを頼んでいたころのことを想うと・・・こみあげてくるものを抑えきれませんでした。


ちょっとトイレ・・・と言って席を立ち、顔を洗ってから席に戻りましたよ。


☆☆☆

口では「絶対に治るからね。」と気丈に振る舞っていますが、本当の気持ちは分かりません。


子供達も、だいぶ具合が悪そうだくらいは分かっていると思うのですが、医者から言われたことをそのまま伝えるべきなのか・・・悩みます。


義母へ言うのも・・・取り乱しそうで未だに言ってません。


一人で抱え込まないでと医者に言われていますが・・・一縷の望みがある以上、口にしたら悪い方向に行ってしまうんじゃないかと気になって・・・抱え込んでしまっています



今は・・・薬の副作用でぐっすり眠っています。


一日でも長く、命永らえますようにと祈っています


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。