プロフィール

macpapa

Author:macpapa
埼玉県在住、亡き妻の残した3人の子供と祖母と暮らす5?歳。
力及ばず妻を守り抜くことができませんでしたが、亡き妻との約束「子供達を一人前に育てること」を守るために日々奮闘してます。
座右の銘は「日々是感謝」・・・何事にも感謝の心を持ちつつ、仕事、子育て、自分探しの旅を続けています。
※当ブログは、完全な個人的主観によって書かれており、いずれの団体とも関係ありません。また、ページ内に企業等の広告やスポンサーサイトの宣伝などが表示されることがありますが、これは当方の意図するものではありません。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、妻が気に入って、我が家にトライアルで来たキャバリアMIXのワンコは、残念ながら一日でトライアルが終わってしまいました

最初は警戒していましたが、時間が経つにつれ、甘えるようになってきたので、このまま引き取ろうかと思ったのですが・・・。

引き取れなかった理由は・・・二つ。一つは同居している義理の母が難色を(最初は)示したことと、ワンコ自身がなにかの拍子に驚くと、急激に吠える反応をすることでした。

変わったことがあればすぐに保護会に連絡することとなっていたため、急に吠えだしたと連絡したところ、『それでは回収に伺います。』とあっさり・・・。

対処方法を聞こうとしたんですけどね

まあ、縁がなかったと思うしかありません。

義理の母とは話し合って、小型犬を子犬から躾けるなら反対しないと譲歩してくれました。

でもそうなると、どうしても犬種がはっきりしているショップとかになっちゃうんですよね~。

どうせワンコを飼うなら、ショップではなく、保護されたり、処分されてしまうようなワンコを助けたいと思ったんですけど、なかなかうまくいかないですね。

しかし、保護会もせっかく里親になるという者に対してもう少し粘るというか、なんというか・・・してもよさそうに思うんですけど、あっさりしたものだと思いました。

トライアルとはいえ、迎えるのに色々準備するものがあって結構お金かかったんですよ

広島の件でも、ワンコではなく人間同士のことでトラブルになったそうですが、根っこは同じかもしれませんね。

今回のことは残念でしたが、急いてはことをし損じるという諺もありますし、じっくり運命の出会いを待ちたいと思いました


スポンサーサイト

No.97 再会

おはようございます。

関東地方は空気がカラカラに乾燥していますね。皆様風邪などひいておられませんか?

☆☆☆

昨日、妻とマックの墓参りに行ってきました。

月命日のお参りと、病気を持っていってくれたお礼を兼ねて行きました。

マックが好きだったキャットフードをお供えしてお線香をあげ、『お母さんの病気を持っていってくれてありがとう。』と言うと照れてはにかんだような顔をしてくれたように感じました。

☆☆☆

その後、買い物をして家に帰る途中・・・妻が突然ぼろぼろと泣きだしました。

妻曰く、突然マックが何度も現れたとのこと・・・。

お線香をあげにきてくれてありがとうって言いにきたんじゃない?っと言うと、そうではないとのこと。

しばらく無言の時間が過ぎた後・・・『○○駅前の譲渡会に行きたい。』といい出しました。

毎週土日の午後に、保護されている犬や猫の里親を探す譲渡会が行われているのだそうです。

私自身は、いつかは2代目マックを飼いたいと思っていましたので、妻が飼いたいと思うのなら反対する理由はありません。

駅前に着くと、ちょうど譲渡会が始まる直前で、犬や猫が10数頭来ていました。

中にはペットショップで見かけるような種類もいましたが、ボラの人たちに聞くと、みなそれぞれ理由があって保護しているとのことでした。

妻はそのほとんどの子を抱き抱えて目を見つめていました。

あとで何をしていたのと聞いてみると、ワンズを抱き抱えるごとにマックが現れて、知らんぷりしたり、ブンブン尻尾を振ったりしていたそうです。

きっと、我が家に来てプラスになる子ならない子を教えてくれてたんだと思います。

今日もう一度、別のワンズとお見合いをするそうで、気に入ればお試し預かりということをするそうです。

再会も近そうです(^^)v。
今日は私にとって忘れられない日になりました。

今年初めての通院日であった妻から、昼過ぎにメールが届きました。

昨年入院していたころと昨年末に撮ったレントゲン写真などを見比べた結果・・・鎖骨のリンパ節は小さくなり、気管前リンパ節は変化無し。胸水は減少。右肺の胸膜がガン細胞でものすごく腫れていたものが、劇的に正常な厚さに近くなってきているとのこと。また、入院時の画像だとほとんど右肺の空間が無いものがほぼ回復しているとのことでした

最近の妻の体調や腫瘍マーカーの値などから、いい方向だとは思っていましたが、ここまで目に見える回復をしているとは思いませんでした。

思い返せば、あの入院直後の一番体調が悪い時のことを思うと、三度めの転移、水が肺を水没させるほど溜まってしまったこと、効かない薬・・・などなど、正直なところもうダメかも・・・と思う時もありました。

それでも、一番苦しいはずの本人が『まだ死ねないの。病気と戦う!』と言ってつらい治療に耐えている姿を見て、俺があきらめてどうすると気持ちを奮い立たせてきました。

もし立場が逆であったなら、自分は妻ほど強くなれただろうか、あのつらい治療をしつづけることができただろうかと考えることがあります。

答えは『ノー』だと思います

人はいつかは死ぬのだからと勝手に壁を作って、立ち向かわず、戦わず、苦しまずに好きなことをしていたと思います。

誰が言ったのか忘れましたが、『奇跡は起こるものではなく、自ら起こすものだ』ということを聞いたことがあります。

今日ほど、その言葉が胸に染み、有り難く思えたことはありません

命を助けられた意味、生かされた意味、奇跡を目の当りにした意味を考え、すべてのことに感謝しつつ、命燃え尽きる日まで妻と家族と歩いていきたいと思います

ご心配して下さった皆様、力をお貸し下さった皆様、ありがとうございました。


No.94 初挑戦!

皆様、新年いかがお過ごしでしょうか。

我が家も関東地方の天気のように穏やかなお正月でした。

ここ1~2日、妻が風邪気味でちょっと体調を崩しているのが気になりますが・・・。

☆☆☆

さて、今日と明日は連休・・・なので、早速食事当番をかってでました。

昼は次男のリクエストにより、やきそば。

たっぷりの野菜を入れて、隠し味は・・・エビ入り揚げ玉とやらをスーパーでゲット。ぜーんぶ入れちゃいました

そしてついでに夕飯のおかずは~?っとお肉コーナーを歩いていると・・・安い牛すじを発見!

よしよし、これでビーフシチューだぁ~っと全部買い占めちゃいました

1時過ぎから鍋でコトコト・・・一度煮こぼしてから、再度煮込んで、灰汁を取りながら煮ること3時間・・・おいしそうにお肉がとろとろ・・・。

その後大きめにカットした野菜を入れて、ルーをいれてできあがり~。できあがりがこれ↓

bi-husichu


う~ん、材料費込みで1000円ちょっとのものとは思えない出来!

1皿500円で屋台出すか!母ちゃん!と言ったら鼻で笑われてしまいました

今年も色々な料理に挑戦だぁ~


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。