FC2ブログ

プロフィール

macpapa

Author:macpapa
埼玉県在住、亡き妻の残した3人の子供と祖母と暮らす5?歳。
力及ばず妻を守り抜くことができませんでしたが、亡き妻との約束「子供達を一人前に育てること」を守るために日々奮闘してます。
座右の銘は「日々是感謝」・・・何事にも感謝の心を持ちつつ、仕事、子育て、自分探しの旅を続けています。
※当ブログは、完全な個人的主観によって書かれており、いずれの団体とも関係ありません。また、ページ内に企業等の広告やスポンサーサイトの宣伝などが表示されることがありますが、これは当方の意図するものではありません。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


X'masいかがお過ごしでしょうか?


昨日、昼間にちょっと所用を足しに外に出ると、高級洋菓子店さんの前に人が集まっていまして・・・X'masケーキを販売していました。


普段、子供達には寂しい思いをさせているからなぁと思い、ちょっぴり並んで仕事帰りに受け取りにきますと予約表に書き込みまして・・・X'masスペシャル『イチゴショートケーキ』6号5000円を申し込んできました。


いつもは○ージーコーナーなんですけど、年に一度の贅沢もアリかなと・・・(^^ゞ。


仕事を終えて予約したケーキを受け取って、かなり混んでいた電車も何のそのと・・・父は頑張ったのです(^^)v。


おばあちゃんが準備してくれたクリスマスディナーをいただいて、ケーキケーキと騒ぐ子ども達に、仕方ないなと『じゃあ持ってきなよ』と言うと、次男坊がパッと席を立ち、冷蔵庫の中から慎重にケーキの箱を取り出そうとしていたところ・・・『ガタン、ああ!』という音と共に箱が落下していく瞬間を見てしまいました・・・(T_T)。


呆然とする次男坊と『信じられない!』と叫ぶ娘・・・そのうち、『どうして僕はいつもこうなんだ!』と言い始める次男坊と、プチ修羅場のような空気になってしまったので・・・腹んなかはいりゃ一緒だろと言いつつ、箱を取り上げ恐る恐る中を見てみると・・・店頭で見たモノとは全く違う白い物体がそこにはありまして・・・あま~い匂いだけが部屋一杯に漂いましたョ。


比較的原形を留めていた部分を切り分けて、皿に載せ箱にこびりついたクリームをケーキにのせて『思い出に残るX'masになったじゃないか』と言いつつケーキを食すと、さすがに何とかでもタイではありませんがちょ~美味で、みな美味しい美味しいと食べてくれ・・・ハプニングもあったけど買って良かったと思っていたのですが、次男坊に『どうだ旨いか?』と聞くと、『うん!いつもとは全然違うね!』と目をキラキラさせて答えるので、どんなふう?と聞くと・・・『イチゴが美味しい!』と鼻の穴を膨らまして答えやがってですね、そこかーい!と娘に高速突っ込みを入れられて・・・最後は大爆笑で終わりましたョ(^○^)。


まさに、笑いの神が降臨したわが家のイブの夜だったのでした。




今年もあと一週間・・・事故なく無事に過ごしたいですね。


それではまた。
夏休みも後半になってようやく本格的な夏の気候になりましたね。


しかし、久しぶりの夏の日差しは・・・あっちぃ~(;^_^Aです。


☆☆☆


今年のわが家のお盆休みは、千代もいることだし、義理の父親の墓参りを兼ねて、山梨への往復でおしまいだなと思っていたのですが、13日の母親の新盆のために実家に行った際、千代の話題になり、週末一杯千代を預かってくれるとの有難い言葉を頂いたので・・・急遽千代を実家に送り届けて、山梨の墓参りの直近の宿に一泊することにしました。


お盆休み中に急遽の宿探しだったのですが、運良く空き室を発見し、家族全員で一泊旅行をすることができましたよ


期待はしていなかったのですが、お湯は素晴らしいとの口コミだったので行ってみると、自家源泉掛け流し、加温なし、循環なし、飲泉可能となっていて、実際湯がザブザブ状態で・・・お湯に関しては今までのナンバーワンの宿でした(^-^)v。


あとはそこそこだったのですが・・・あのお湯ならば全て良しという感じで・・・女房の写真をテーブルに飾りまして、楽しい旅行になりましたよ


今日(16日)になって、千代を引き取りに実家に行き、その後、家族全員で送り火を焚いて女房の墓参りを済ませまして・・・わが家のお盆休みは終了しました。



墓参りの際、また来年一緒に旅行に行こうねとお墓に向かって語り掛けて、ふと顔をあげると・・・娘の顔が女房の笑い顔のように見えまして・・・一緒に行ってくれてたのかなと・・・改めて感じましたよ




さぁ、明日からまた仕事ですね。頑張っていきましょう!


それではまた。
ほんとに今年の梅雨はよく降りますね。


ご存じの方も多いでしょうが・・・我が家にはの残した子供が3人おりまして、上二人が男、末っ子が高2の娘なんですけど・・・と出会った頃、手を引かれて天使のようなかわいらしさを持っていた娘が・・・最近では、思春期というか、反抗期というか、行かせた学校の友人の影響か・・・とにかく何にでも反発して、言葉遣いも乱暴で・・・一言で言えば「はねっかえり」の娘になってしまっていたのです


まあ、それでも茶髪にするわけでもなく、ちょこっと眉毛をいじっているくらいの小悪ぶったというかんじなんですけど・・・とにかく私やおばあちゃんの言うことにはプイッと横をむいてしまい、それ以上になると自分の部屋に閉じこもってしまう娘なのでした。


そんな中、先週の日曜日(6/14)にちょっとした出来事が・・・

私が夕飯の支度をしていて、娘が部屋にいたので、ちょっと手伝ってくれと声を掛けたところ、渋々と降りてきたのですが、明らかに不機嫌モード・・・。

テーブルの準備やちょっとした手伝いをしてもらうつもりだったので、すぐに部屋に帰すつもりだったのですが、今日の献立はと聞かれたので「○○とピーマンの炒め物」と答えると、私が別の作業をしている最中にフライパンを出してピーマンを炒め始め・・・なんだか面白くなさそうにフライパンを振っていました。

ピーマンの炒め物は、が最後の入院前に、薬の副作用などでしょっぱい物を欲していて、これが食べたいと言ってが自ら作った最後のメニュー・・・もそれを覚えていて、自分からやり始めたのだろうと黙って見ていたところ・・・明らかに火の通りが足りないうちに塩こしょうをして醤油までして味付けをしているので「まだ火が通っていないんじゃないか?」と言いつつ、一かけ食べてみると・・・やはり火の通りが不十分で、ピーマンの独特な匂いなどが残っていました。

「まだ炒めが足りないぞ。」というと、は「どうせ(私は)食べないから。」とぼそっと一言・・・も~その瞬間、ぷつっと切れてしまい、かろうじて手は出さなかったものの、そうとうなことを言いながら怒鳴り散らしてしまいました・・・

はしばらく下を向いて黙っていましたが、やがて自分の部屋に閉じこもってしまい、その日の夕飯は気まずい空気が漂いまくりで(こんな時でも食べる時は食べるのが小悪なのです)・・・それから一週間、お互いろくに口をききませんでしたよ


ささいなことがきっかけとはいえ、私も今回のことについては、ちょっと簡単には許せん!という気持ちがあったので、謝ってくるまでほっとくことにしました。


いままでがしていた洗濯物を干したりすることも、一切しなくていいと言ってみたり・・・今思えば大人げなかったかなとも思うのですが・・・なんだか許せなかったんですよね・・・。


19日の夜、仕事を終えて帰ってくると、がうろうろしながら、やがて「明日の3者面談なんだけど・・・。」と言ってきたので、ちょっと可哀想かとも思ったのですが「ああ、パス。自分の事は自分で決めるって2者面談にしてもらってくれ。」と言ったところ「え・・・?」と言いながらも「じゃあいい。」と言って自分の部屋に・・・。

翌20日の朝方、再びが来て「本当に行けないの?」と言ってきたので、「自分の都合ばかりを言うんじゃない。その前に何か言うことがあるんじゃないのか?なぜこういう態度をとられるのか考えたのか!」と言ったところ・・・涙目になりながら「分かってる、この間の夕飯の時のこと・・・ごめんなさい。」と。

更に「何であんなことでと思ってるかもしれないけど、あの料理はお母さんが最後に自分で作れた想い出の料理だったんだぞ。だからお父さんは怒ったんだ。」と言うと・・・思いっきり泣き出しました。しゃくり上げながら何度も・・・。


今まで悔し泣きみたいなことは何度もあったのですが、あれだけ本気出して泣いたのはが死んでしまったとき以来ではないかと思いました。


思わずこちらも言いながらもらい泣きしてしまったのですが・・・最後には自分の行いを恥じたらしく、本気で謝ったので・・・一緒に自転車を漕ぎ漕ぎ3者面談に行ってきましたよ


それまで、あまり学校のことなどを聞く時間がなかったのですが、憑き物が落ちたかのようにたくさんしゃべってきて・・・本当に久しぶりにと話しをしました


面談では・・・先生から「成績も生活態度も申し分ありません。」とお褒めの言葉をいただきまして・・・正直レベルの問題があるとはいえ・・・ちょっぴりを見直しました。(クラスで2番、学年で13番くらいでした。)


正直な気持ち、いっそのこと一緒の生活をやめてしまおうかとも思ったのですが・・・が助けてくれたのかな・・・


☆☆☆


気付けば・・・このブログも始めてから来月で、まる3年に・・・。


今まで日記など書いたことがなかったので・・・半年も続くかなと思っていたのですが・・・我ながらよく続いたなと


カウンターももうすぐ5万アクセス・・・。


こんなオヤジの独り言のブログに東京ドームいっぱいの人がと思うと・・・正直、自分自身驚いています。


女房の病気がきっかけで始めたので、亡くなってしまって、やめようかとも思った時期もあったのですが・・・。


更新すればカウンター数も伸びるということは・・・わざわざ見に来てくださる方がいるんだと・・・ありがたいなと思いながら・・・続けてくることができました。


これからも、あいかわらずの駄文のオンパレードながら・・・マイペースで少しずつ歩んでいきたいと思っていますので・・・どうぞよろしくお願いします

久しぶりに2日連続の更新です


18日の仕事帰りに大型書店に寄ったのですが、レジ横に本日発売と書かれたPOPが貼られて『おくりびと』のDVDが販売されていました。


時間があれば映画館で見たいなと思っていたところだったので・・・迷わずgetしましたよ。


『おくりびと』は、もうご存知でしょうけど、アカデミー賞外国語映画賞を含め、各種映画賞を総なめにした邦画ですが・・・内容が内容だけに、のことと重なって、映画館では最後まで見れないかもと思っていたので・・・自宅でなら何とかなるかなと・・・。


見始めると・・・冒頭のシーンがなんだかコメディ?っという出だしだったのですが、徐々に引き込まれていきまして・・・結局最後まで一気に見てしまいました。


おかげで今日は寝不足気味です(-_ゞゴシゴシ。


まあ本音を言うと、遺体はもっと硬直しているだとか、ドライアイスで囲まれているんだとか・・・色々とツッコミどころはあるのですが・・・あくまで映画ですからね。


それよりもなによも・・・主人公の本木雅弘さんの、納棺師としての所作振る舞いがお見事で、演技を越えた神々しさまで感じられまして・・・それだけでもお金を払って買った価値があったと思いましたよ。


☆☆☆


見終わって改めてDVDのパッケージを見ると『人は誰でもいつか、おくりびと、おくられびと』と書かれていまして・・・自分はきちんと、をおくることができたのだろうか、自分は誰におくってもらえるんだろうかなどと・・・色々と考えてしまいました。


考えても仕方ないといえばそれまでですが・・・それでもせめて・・・旅立つ時には・・・誰かに別れを惜しんでもらえるような人生にしたいなと・・・。


皆さんのおくりびとは・・・果たして誰に・・・?。


それではまた。
今日は暖かな一日でしたね。


おととい高校を卒業した次男坊・・・。


今までは公式の席などでは、高校の制服を着ていれば良かったのですが・・・卒業したので・・・卒業祝いの意味を込めて、スーツを注文しに行ってきましたよ。


いつも行く紳士服のコ○カに行き、顔見知りの店員さんにサイズを測ってもらうと・・・ウエストからA体でいいのではと言われはおってみると・・・運動をしていたせいか、胸回りがぱっつんぱつん・・・AB体でもダメで、これならいいでしょうといいつつB体をはおっても、まだ胸回りがきつそうで・・・これ以上はちょっとといいながらBE体をはおると、ようやくベストフィット・・・


ウエストはスリムなので、ズボンはA体用でぴったり。


上下セットだと、とてもサイズが合わないので・・・特殊な組み合わせができるセットアップスーツというものしか合いませんよと言われ・・・最初のスーツだから、吊しの安い物でも・・・などと思っていたのですが、私の着るものよりも高くついちゃいましたよ


しかし、BE体とはいわゆる『やや貫禄体』といわれるカテゴリーで、私が数年前に着ていたサイズと一緒・・・。


帰ってから、私の小さくなって着なくなった紺のブレザーを着せたところ、案の定、ちょうどいいサイズだったので・・・クリーニングをかけて次男坊に着せることにしましたよ


☆☆☆


その後は、のお墓参りに行きまして、高校を卒業したことを報告してきました。


ここ数日の荒天で、墓石もどろどろだったので、きれいに磨き上げてきましたよ。


☆☆☆


夕飯は、末っ子の誕生日も近いので、両方のお祝いも兼ねてイタリアン料理のバイキングに皆で行きまして、お腹いっぱいになるまで堪能してきました。


父がリタイヤしたら、逆にごちそうしろよな・・・


これでしばらく家の行事は・・・何もない予定です。


あとはお盆休みで帰省する長男とドッキングして、おじいさんの墓参りに行くくらいです・・・。


少しは自分の時間がもてるカモ・・・と期待しているんですけどね。


それではまた

««前のページ  | ホーム |  前のページ»»