プロフィール

macpapa

Author:macpapa
埼玉県在住、亡き妻の残した3人の子供と祖母と暮らす5?歳。
力及ばず妻を守り抜くことができませんでしたが、亡き妻との約束「子供達を一人前に育てること」を守るために日々奮闘してます。
座右の銘は「日々是感謝」・・・何事にも感謝の心を持ちつつ、仕事、子育て、自分探しの旅を続けています。
※当ブログは、完全な個人的主観によって書かれており、いずれの団体とも関係ありません。また、ページ内に企業等の広告やスポンサーサイトの宣伝などが表示されることがありますが、これは当方の意図するものではありません。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご無沙汰しております。macpapaです。

普段は全くアクセスのない放置ブログですが、妻の命日だった昨日は、アクセス数が急増…妻の命日を忘れずにいて下さる方がいらっしゃるんだと思いますと…月並みですが、感謝の気持ちしかありません。この場をお借りしまして、改めて御礼申し上げます。

今さらながら、妻が好きだった「ありがとう」という言葉の意味や、その言葉が持つ深さをかみしめながら日々を過ごしております。

亡妻の命日にあたり、「ありがとう」の方で更新させていただきました。

また来年、良いご報告ができますように…。


                 2016/12/12記 macpapa


スポンサーサイト


本日は亡き妻の命日でした。

亡くなったのが平成19年ですので、丸8年が経過したことになります。

生前、一番好きと言っていたガーベラの花束とビールを墓前に供え、家族の近況などを報告してきましたよ。

自分のことよりも何よりも一番心配していた3人の子供たちは…今では自分の力でしっかりと歩んでくれていまして、少しは安心させることができたのではないかと思っています。

というか、今では俺のことが一番不安に感じさせてしまっているのではないかと…反省しきりなのです。😅

ーーーーーーーーーーーーーーー

世間には、『時が解決してくれる』という言葉がありますが、人の生死…とりわけパートナーとの死別というものは、いくら時が経過しても解決してくれないのだと学びました。

忘れようとしても、別な女性とのお付き合いをしようとしても、思い浮かぶのは亡妻との楽しかった思い出ばかり…。

私が死んだら遠慮しないで再婚してね」と言い残したのは、妻が私にかけた最後の魔法…だったんではないでしょうかね。😌

もう、こうなったらとことん一途に突き進みますよ。

家の中がお線香臭くなるまで、毎日手を合わせ続けますよ。

向こうの世界で再会した時に「ストーカーじゃないんだから」と呆れられるくらいに想い続けますよ。😊

いいだろ…かあちゃん。

ーーーーーーーーーーーーーーー

今年も残すところ、あと3週間ほどですね。

来年は悲惨な災害や出来事が少なくなりますように…。


それではまた。( ´ ▽ ` )ノ


















  妻への手紙を書きました『届け…妻へ』←亡妻のブログに飛びます



旅立ち

皆様、ごぶさたしております、macpapaです。

このたび、勤め先を早期退職いたしまして、妻との約束を果たす旅にでることにしました(すでにもう出ていますが…)。

日々の旅行記を『旅人macpapaの日々是感謝』という新たなブログで書いております。

よろしかったら、お立ち寄りくださいませ。

                       macpapa

ご報告です




ご無沙汰しております。

このブログはもう更新しないつもりだったのですが、ちょっとした報告がてら、今日は特別版としまして…。

9月ごろ、独立して独り暮らししている長男坊から電話がありまして…
付き合っている彼女と結婚する。時期は今年の11月ころ、しかもすでに子供ができて、来年春ころ出産する予定ですと…。

なに~

自分自身が式すら挙げていなくて、自分の子供も持ったこと無いのにもうおじいちゃんかよ・・・。

とまあ、それから双方の親の挨拶だとか、結婚式の打ち合わせだとか・・・もう、怒濤の2ヶ月間があっという間に過ぎてしまい・・・先日、ようやっと式を終えることができましたョ。

式の打ち合わせの時に、両家代表の挨拶もして欲しいと向こう様の親御さんから言われまして・・・私は両家には含まれない人間なのでとお断りしたのですが、どうしてもと言われまして、渋々お受けしまして・・・ちょードキドキものでした。

着たことがないモーニングなんぞを着て、緊張して式に臨んだのですが、段々と挨拶の時間が近づき、必死に暗記して、よし、完璧、と思ってマイクを握ったのですが・・・私の直前に行われた新婦からの感謝の手紙朗読でグッときてしまい、次に私の番になり、妻の写真を持って、ピンスポットが当たった瞬間・・・まっ白けに・・・

予定では、冷静に妻のことや、新郎や新婦の紹介をして今までのお礼や今後のお願いなどをするつもりであったのですが、冒頭の挨拶で妻が亡くなっていることを言い終わったとたんに、ぶわーっとこみ上げてしまい・・・もう、あとは涙、鼻水まみれで・・・いま考えると、とっても恥ずかしく、しかも最後はちゃんと形になったのかどうか怪しい限りだったのですが・・・なんとか終わらせました。

でも、嬉しかったこともありましてね、代表挨拶が終わって、そのまま新郎・新婦と両家の親が式場から退場して、招待客を見送ったのですが、みなさん「大変でしたね」と声を掛けてくださって、妻の写真をじーっと見てくださって・・・またまた

招待客が全員会場を出られたあと、司会をお願いした女性(プロの方)が私に近づいてきて、「お話し、心に染みました。本当に大変だったのですね。」と目を真っ赤にされて頭を下げてくださってすね、もうこっちもずーっと涙が乾く暇がなかったですよ。

妻の姿、形は見えなくなってしまいましたが、挨拶の時にまっ白けになった時に、確かに私の横に妻がいて、背中に手を当てて『がんばって』と言ってくれたのが分かりました。


来年は、長女の成人式を迎えます。

一時期は私と口もきかないという時もあったのですが、今は一番連絡をまめにくれるようになってですね、あらためて良かったなと思いマス。

次男坊も、仕事に頑張っていましてね、なにやらお付き合いしている相手もいるとか・・・またまた父親役の出番も近いのかとも思いますが、頑張りますよん。

それでは。
すっかり・・・秋!って感じの気候になりましたね。


☆☆☆


25日の日曜、次男坊が日帰りで帰ってきました。

前回の夏期休暇・・・8月初旬以来、2ヶ月弱ぶりに会ったのですが、何だか一回りおっきくなった・・・感じがしましたよ。

太ったわけではなく、もともと筋肉質だったのが、より筋肉が厚くなったという感じでした。

聞くと、本配置になって正式な部署についたところ、先輩や同僚がとてもいい人達らしく、毎日楽しいのだとか。

一時期、辞める辞めないで悩んでいたときはあまり食欲が湧かず痩せる一方だったのが、最近は先輩とかと食べ放題ツアーに行くのが楽しく、体重も元に戻ったとのことでした。

その後、日帰りの温泉施設に移動して、ゆっくり湯に浸かりながら話しを聞いたのですが、前回は何にしても辞める方向に話をもっていくところが、先々の予定だとか、目標だとかの話をするので・・・もう大丈夫だなと感じましたョ。


そろそろ帰るかという時に、『辞めなくて正解だったんだじゃないか?』とさりげなく聞きましたところ・・・『うん。』と恥ずかしげに言いましてね、ほっとしました~。(^^)




私の転勤話も正式に決まりまして、来月早々に異動することになりました。

まあ、都内の異動なので若干通勤が不便になるくらいなんですけどね。

色々なことに慣れるまでは気疲れすると思うのですが・・・頑張りマス。




朝晩は冷え込んでいます。お風邪など召しませぬように・・・。

それではまた。

 | ホーム |  前のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。